企業などへの問い合わせは電話やメール、Webフォームなどを使って行なっていましたが、近年ではチャットボットを活用する企業が増えてきています。チャットボットとは、チャットとロボットを組み合わせた言葉で自動で会話を行うプログラムのことをいいます。質問などをプログラムに任せることで、ユーザーは知りたい情報をすぐに手に入ることができ、企業側は問い合わせに時間を使うことがなくなるというメリットがあります。そんなチャットボットにはいくつか種類があるため、企業で導入するとき際には企業にあった種類のものを導入することが重要です。

種類は様々なものがあります。ルールベースタイプのものは、チャットボットが選択肢を提示し、ユーザーが選択肢の中から知りたい内容に該当する項目を選び、さらに選択肢を提示、そこから選ぶという流れをか繰り返して解答を提示します。ユーザーの質問の意図に大きく外れることなく回答できることが期待できますが、複雑な質問には答えられないタイプです。自動学習機能タイプは、人工知能によって統計的に正解する可能性の高い回答をするプログラミングをされています。

会話を重ねるごとに学習するため、正答率や会話の精度を上げられます。幅広い問いに対応することができますが、事前にデータを学習することが必要です。正しい回答ができるように準備する必要があり、誤った学習をすると不適切な回答になるリスクがあるため注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です