商品を多数揃える販売店は、それが一つの売りとなりますが、跳ね返って来るのがそれぞれへの質問です。大型グッズ販売店などは新商品も多く、それぞれに対して問い合わせが来れば答えなければなりません。問い合わせ対応の部門を置くにしても、商品数が多いため毎日覚えてまとめての繰り返しになります。そういったところと相性がいいのがチャットボットです。

チャットボットはAIが判断して会話してくれるというもので、万能ではありませんがかなりの部分を回答してくれます。特に情報が多い場合、人間は覚えるのが大変ですがチャットボットはそもそも機械なので、そういったものを得意としています。あのカテゴリーのあの商品の特定の大きさの幅が何センチか、といった細かい情報にも即答出来るため、その有用性を理解するのも早いでしょう。チャットというのは文字を使った会話なので、機械が音声を認識する必要はありません。

AIとの会話では音声認識が問題となっていますが、その部分を取り払ってしまった事が、チャットボットの広まりの要因の一つと考えられています。今ではキットの様なプログラムソフトが登場しており、開発会社に頼んで作ってもらわなくても、そのキットに覚えさせればチャットボットを稼働させられるものまで登場しており、今後さらに広がっていくでしょう。問い合わせ対応の人員を減らせる事が非常に大きい意味を持っており、やはりどこでも人件費削減は重要なのです。チャットボットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です