チャットボットというものの存在を知っている人はどのくらいいるでしょうか。AIを利用した自動会話の機能であり、現在多くの場所で利用されています。チャットというのは文字を使った会話で、文字なので機械が読み取りやすい会話という事になります。そこで、ユーザーからの質問に対応する為にチャットボットを活用するなどの用途に広がりを見せているのです。

選択肢を表示して、それを選んでもらう事で質問内容を絞り込めるのもチャットボットの利点の一つです。元々質問したい人は特定の疑問を持っているので、選択肢をいくつか挟むことで絞り込み、正解率の高い回答が出来るのです。チャットボットは機械なのでデータベースと直結出来るのも強みで、細かい質問にも瞬時に答えられます。例えばこのサービスを開始したのはいつですか、という問いに、オペレーターなら調べて回答するところですが、チャットボットは一瞬で検索出来るので即答が可能です。

そういった形で分かりきった質問に対する答えは人間のオペレーターより優秀かもしれません。サービスであったり、商品を販売しているお店でも同様に活用出来ます。この棚のサイズを知りたいというよくある質問にも、データベースを検索して即答出来るので人間より優秀かもしれません。また、調べれば分かる事も気軽に聞けるのも質問する側にとってはありがたい事でしょう。

多くの企業が導入し始めているのも分かる話で、それだけ優秀で便利な仕組みなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です