チャットボットを導入したものの、想定していたよりも利用率が低いという悩みを抱えている方は多いかと思いますが、利用率を高めるためにはまずデザインを見直すことが大切です。どれだけ優れたチャットボットであっても、ユーザーに利用したいと思ってもらえなければ利用率は向上しません。そのため、色使いなどのデザインがターゲットに合ったものに変更したり、キャラクターを導入したりして、ユーザーに利用したいと思ってもらえるチャットボットに改善していきましょう。また、チャットボットを導入する目的は様々ですが、目的に応じた場所に設置しないと利用率の向上は期待できないので、どこに設置するのが最適なのかを検討することも大切です。

何ができるのかをユーザーに提示することも、利用率を高めるポイントです。ユーザーの中には、そもそもチャットボットがどのようなものなのかを知らない方がいる可能性があるので、初期画面に質問を入力してもらえれば自動的に回答することを掲載しておくことをおすすめします。加えて、どのような質問に対応できるのか、質問に回答できない場合の対処法なども提示しておけば、初めてのユーザーでも安心して質問できるでしょう。また、回答精度を高めることも忘れてはいけません。

利用率を向上させるためには回答数を増やすことも大切ですが、回答数ばかりにこだわると回答精度が低下する恐れがあるので、最初はよくある質問から優先的に準備するのが基本です。そして、よくある質問に関連するものなど、ユーザーが質問する可能性が高いものから順番に拡充していくことで回答精度を高めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です