チャットボットを導入する企業は年々増加していますが、その際にキャラクターを設定するケースも少なくありません。キャラクターをチャットボットに設定すると、機械的な印象を和らげることができるので、ユーザーが親近感を抱きやすくなります。その結果、チャットボットを継続的に利用してもらえる可能性が高まるとともに、ユーザーはキャラクターと会話しているという感覚になります。ユーザーの率直な意見やニーズを引き出しやすくなるので、ユーザーに対して適切な情報を提供できるようになるでしょう。

また、使用するキャラクターにより自社に対する印象やイメージをコントロールできるのもメリットのひとつです。一方で、ターゲットに合わないキャラクターを設定してしまったり作り込みが甘かったりすると、ユーザーに関心を持ってもらうことはできません。そのため、ターゲットの性別・年齢・居住エリア・職業・趣味などを明確にして、ユーザーに興味や親近感を持ってもらいやすいキャラクターを設定することが大切です。また、長期間にわたって使い続けられるキャラクターを設置することも重要です。

チャットボットのキャラクターは企業イメージに直結するので、長期間にわたってユーザーに親しまれるようなキャラクターを設定する必要があります。なお、キャラクターの作り込みには一定の手間がかかります。通常のチャットボットを導入する場合と比べると時間もコストもかかるので、この点については十分に理解しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です