現在、様々な企業がチャットボットサービスを提供しているので、どのサービスを導入すべきか迷ってしまうケースは非常に多いかと思いますが、カオスマップを参考にすればスムーズに選定できる可能性があります。カオスマップとは、特定の業界の企業やサービスをカテゴリー別に分類した上で、一枚の図にマッピングしたもののことを指します。主にデジタルマーケティング業界で使用されていますが、カオスマップを活用すれば各サービスの特徴を把握できるので、サービス選定をスムーズに進めることが可能です。チャットボットのカオスマップは、AIポータルメディアのAIsmileyや、国内最大級のAI専門メディアのAINOWなどが作成しています。

AIsmileyのカオスマップは、各サービスを「業務効率化」「収益アップ」「顧客満足度・UX」の3つのカテゴリーに分類したマップとなっています。また、それぞれのカテゴリーはさらに細かく分類されているので、導入目的が明確になっていればスムーズに自社に最適なチャットボットを選定できるでしょう。AINOWのカオスマップは、各サービスを「ログ型」「選択肢型」「辞書型」「選択肢型&辞書型」の4つのカテゴリーに分類しているのが特徴です。そのため、どのタイプのチャットボットを導入するのかまで決まっている場合は、スムーズにサービスを絞り込むことができます。

また、株式会社サイシードでもチャットボットのカオスマップを作成しています。こちらの特徴は「人工知能あり」「人工知能なし」で分類されていることで、さらに「人工知能あり」は「自社開発AI」「他社AIのOEM提供」に、「人工知能なし」は「問い合わせ対応」「マーケティング支援」「インバウンド対応」「業務アプリ」に細かく分類されています。チャットボットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です