会議にはいろんな方法があります。会社内にある一室に対象者全員を集めて、話し合って行きます。今はWEB会議と呼ばれるものができた事で、インターネットによる便利さが注目されています。インターネットには色んな可能性がありますが、機能の充実を図る上で会議をより面白くしていける仕組みがあります。

カメラを設置して、カメラ越しから相手の表情をチェックすることが出来ます。会議は出るだけでなく、意見を述べて発言するだけでもない、相手の表情もカメラがあれば観察可能です。WEB会議は従来の会議とは違う、遠方からも会議に参加することができるシステムです。従来の会議は常に一室に参加者を集めて、議長、書記、進行と特定の人しか仕切れずに終わります。

発言する機会がどれくらいあるか不明ですが、従来の会議なら発言しにくい場面が多数あります。周りを気にしているし、WEB会議だったら画面上から発言が出来ます。そこにいるのが1人で、気にすることなく発言できますが、カメラがあるなしに関わらず、マイクが側にあると、色んな雑音が流れる事があります。WEB会議は会議でよく使用されるスライド式によるプレゼンテーションも行えますが、従来の会議ならば人前に立って話ししながら、大事な項目があれば物差しなどを使ってアピールする事が必要です。

WEB会議だったら、カメラに向けられて話していきます。淡々としていますが、言葉で伝えていくしかないのが実情です。アピールしたい部分は赤線などを入れたりして、機能を図れる事で充実したプレゼンテーションになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です